美しいてを保ちたいなら保湿をきちんとしてカバー

2020年02月21日

冬の時期になると肌が乾燥しやすくなりますし、あかぎれやひび割れ、痛みといった手荒れに悩んでいるという人も多いでしょう。手荒れの原因としては、家事や水仕事、紫外線、加齢、間違ったスキンケアなどが挙げられます。美しい手を保ちたいという場合、効果的な改善方法をチェックしておきましょう。

家事や水仕事は手荒れの大きな原因ですが、やめるわけにはいきません。あかぎれやひび割れによる痛みが辛い場合、乾燥対策をするのがおすすめです。予防として家事や水仕事の前にワセリンを塗って保護するという方法が効果的です。

ワセリンは肌の表面に膜を作ることができます。原油を精製して作られる保湿剤であり、水を弾いてくれるでしょう。ベタつきが気になるという人もいるかもしれませんが、薄く塗って肌に馴染ませればあまり気になりません。

紫外線が手の乾燥を引き起こすこともあります。日焼け止めクリームを塗って対策することもできますが、塗り忘れてしまう場合は手袋を持ち歩くようにしましょう。また、車を運転する時も注意が必要であり、気づかないうちに日焼けしてしまうことがあります。紫外線は窓ガラスを通って入ってくるため、室内にいる時も日焼けの予防は欠かせません。

保湿ケアとして顔用の化粧水や乳液を手に塗っても良いでしょう。化粧水で水分補給してからハンドクリームを塗ることにより、きちんと保湿ケアができます。こまめに保湿ケアをすれば手の乾燥を改善できるということです。

ハンドクリームは手を洗う度に使う方が良いですし、常に持ち歩くことがポイントです。さまざまなテクスチャーや香りの商品が販売されているため、好みに合わせて選んでみると良いかもしれません。自宅用のものと持ち歩き用のものを用意しておくのもおすすめです。

美しい手を保ちたいという場合、ハンドクリームの使い方にも注意が必要です。それはハンドクリームをそのまま塗るのではなく、少し手で温めてから塗るということです。温めることで成分が浸透しやすくなりますし、保湿効果もアップするでしょう。

また、寝る前には必ずハンドクリームを塗るのがおすすめです。寝る時に塗るとクリームが寝具などに付かないか心配になるかもしれません。そのような時はハンドクリームを塗ってから手袋をすると良いでしょう。手袋をしておけばクリームが周りに付くことはなくなりますし、手をしっかり保湿できることもポイントです。さらに、手袋によって手先が潤いますし、指先まで温めることもできます。

手の乾燥が気になる場合、角質層のセラミドを補うことが大切です。セラミドを補うことで保水力を取り戻すことができるため、セラミドを配合したハンドクリームを選ぶと良いでしょう。また、シアバターや尿素、ホホバオイルなども保湿力が高いのでおすすめです。

ハンドクリームを付ける時にマッサージをするのも良いかもしれません。少し多めに指先までハンドクリームを塗り、優しくマッサージをしていきます。マッサージは筋肉を解すわけではなく、血行を良くするために行うため、あまり力を入れる必要はありません。