今からでも遅くない!シミはトレチノインとハイドロキノンで消えます

2019年12月23日
肌がきれいなので満足をする女性

顔にできたシミが気になるという人も多いでしょう。これは年齢を重ねるごとに目立ちやすくなりますが、原因は年齢だけではありません。色素沈着の原因をチェックし、効果的な方法で改善して美肌を目指していきましょう。

コンプレックスのシミを消す方法として、トレチノインとハイドロキノンを使った治療法があります。トレチノインとはビタミンA誘導体のことです。もともと人間の血液中に存在するものですし、アレルギー反応を起こすことはありません。

トレチノインにはピーリング作用があるため、角質を剥がすことができます。さらに、肌のターンオーバーを促進することにより、表皮をどんどん増殖させて肌の再生を促します。この時にメラニン色素も一緒に押し上げることができるため、気になるシミを消すことに繋がります。効果の出方には個人差もありますが、ターンオーバーを高めることにより、2~4週間で表皮のメラニン色素を排出できると言われています。

シミ治療ではトレチノインとハイドロキノンを併用することにより、新しいメラニン色素が作られるのを予防することができます。結果としてシミをきちんと消すことができますし、メラニン色素の少ない美肌に生まれ変わるでしょう。

ハイドロキノンはとても強力な美白成分であり、肌の漂白剤と呼ばれることもあります。ビタミンCやプラセンタなどの美白成分では、将来できるメラニン色素まで消すことは難しいとされています。しかし、ハイドロキノンなら既にできてしまったメラニン色素を除去することはもちろん、これからできるシミまで防ぐことができると言われています。

美白成分を含む市販の化粧品はたくさんありますが、化粧品に使われている成分の作用はハイドロキノンの100分の1程度であり、高い効果は期待できないということです。ハイドロキノンならコンプレックスを確実に解消できるでしょう。

顔のシミといってもさまざまな種類があります。そのため症状に合わせた方法で改善していくということですが、一般的な治療は2段階に分けて行われます。前半はメラニン色素を漂白していく期間であり、後半は炎症を抑える期間です。

トレチノインとハイドロキノンによる治療を始めた場合、最初は皮膚が赤くなって剥けてきます。このような症状が出ると心配になるかもしれませんが、これはアレルギー反応や副作用ではなく、薬の効果が出ている証拠です。そのためあまり気にする必要はありません。最初の1~2週間は辛い時期ですが、少しずつ症状が治まっていきます。

シミ治療でトレチノインとハイドロキノンを使う場合、まずは丁寧に洗顔をして保湿ケアを行いましょう。次に少量のトレチノインをシミの部分にピンポイントで塗っていきます。ハイドロキノンはトレチノインを塗った部分より広めに塗っていきます。治療中は外部からの刺激に弱くなるため、外出の際には日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行いましょう。