デスクワークをしている女性はむくみやすい

2020年04月24日

顔やまぶた、手足のむくみで悩んでいる女性も多いでしょう。人に見られやすい部分がむくんでしまうと辛いものですし、その原因やメカニズムを知っておくことが大切です。そして、効果的な予防や解消法を覚えておきましょう。

デスクワークをしている女性はむくみやすいと言われています。朝は平気なのに夜になると足がむくんでしまい、靴がきつくなってしまったという経験のある人もいるでしょう。むくみというのは体内の余分な水分が上手く排出できず、溜まってしまうというメカニズムです。放置しておくとセルライトの原因にもなるので注意が必要です。

この症状は女性に多いというイメージがあるかもしれません。もともと女性の方が男性よりも筋肉量が少なく、皮下脂肪が多いのでむくみやすい体質だと言われています。また、女性の方が体が冷えやすく、血行が悪くなることも原因の一つです。ホルモンの影響や体を冷やす服装なども原因と考えられます。

冬は体が冷えて血行が悪くなるため、むくんでしまうことがあります。また、寒いからあまり水分を摂取しないという人もいるかもしれません。ですが、水分不足になると体は必要な水分を体内にため込もうとするため、余計にむくみやすくなってしまいます。そのため常温で適度な水分補給をすることが大切です。

普段の食事が原因でむくんでしまうこともあります。ラーメンや漬け物、味噌汁、ファストフード、加工食品などが好きな人は注意しましょう。このような食べ物には塩分がかなり多くなっています。体は塩分を過剰摂取すると体内の塩分濃度を下げるため、水分を多く取り込むようになります。結果として体内から水分が出ていかなくなりますし、むくみが発生するということです。

予防するためには塩分の多いものを食べ過ぎないことが大切です。食事では余分な水分を排出する作用のあるカリウムを多く摂取するようにしましょう。カリウムはすいかやアボカド、落花生などに多く含まれています。

手足のむくみの解消法としてマッサージがおすすめです。マッサージを行うならお風呂上がりが良いでしょう。また、滑りの良いクリームや乳液などを使ってケアすることもポイントです。何も付けずに乾燥した肌のままマッサージを行った場合、肌に負担がかかりやすくなります。また、足をその場で上げ下げするだけでも効果があります。デスクワークが多い人は仕事中に行っても良いかもしれません。

まぶたのむくみにもマッサージは効果的です。まずは中指と薬指の腹で目頭から目尻に引き上げるように滑らせていきましょう。そして、親指の腹でアイホールを目頭から目尻に向かって押していきます。下まぶたのマッサージでは中指の腹を使い、アイホールの骨に沿って、目尻側から目頭側にゆっくり押していくことがポイントです。

顔のむくみが気になる場合もマッサージを取り入れてみましょう。まずは耳の下にあるリンパ腺を優しく押していきます。人差し指と中指、薬指を口角に当てて、鼻から目の下、耳の下まで指を滑らせるようにします。そして、耳の下から首を通って鎖骨まで滑らせます。次に指を頬の内側から外側にかけ、大きく円を描くように動かすことがポイントです。それから指を眉間に沿え、額を引き上げるように指を滑らせていきます。