肌を心配している女性

美容に敏感な人は毛穴のたるみが気になるかもしれません。これは年齢を重ねるごとに目立ちやすくなるため、きちんと引き締めることが大切です。たるみは鼻の横の頬から始まることが多いです。20代後半から少しずつ目立つようになり。肌の凸凹が目立つようになることも特徴です。

毛穴レス顔を目指すためにはまず、その原因をチェックしておきましょう。大きな原因は年齢を重ねたことにより、ハリや弾力が衰えてしまうということが挙げられます。加齢によって真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少してしまいます。結果として肌のハリや弾力も無くなり、毛穴のたるみが目立ってしまうということです。

肌のコラーゲンなどが減少してしまう原因は紫外線だと言われています。紫外線は美容の天敵と考えられており、肌にさまざまな悪影響を与えてしまいます。実際に肌が紫外線に当たることにより、真皮の角質細胞や線維芽細胞にダメージを与えてますし、たるみの原因になるということです。また、表情筋の衰えが原因になっていることもあります。表情筋をあまり動かさないとどんどん衰えてしまいますし、重力の影響を受けてたるみが目立ちやすくなります。

毛穴のたるみは老廃物や角栓が原因になっていることもあります。そこで洗顔で老廃物をキレイに落とす方法を確認しましょう。老廃物や角栓を落としたいからといって、洗浄力の高すぎる洗顔や刺激の強いクレンジングなどを使ってしまうのは良くありません。逆にたるみが目立ちやすくなることもあるため、正しい洗顔方法を知っておくことが大切です。

洗顔はたっぷりの泡で優しく洗うことがポイントです。流す時は熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使うようにしましょう。また、クレンジングはミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。これらのクレンジングは肌への刺激が少ないため、たるみの原因になることは少ないです。

たるみが目立ってきたら洗顔方法だけでなく、メイク方法の見直しもポイントです。メイクの際にはエイジングケア化粧品を使用し、肌のハリや弾力を補っていきましょう。年齢に応じたスキンケアアイテムを使うことにより、肌にハリや弾力を取り戻すことができますし、毛穴が目立ちにくくなるということです。

たるみ毛穴は表情筋の衰えが原因で発生することがあります。筋肉は使わないと衰えてしまうため、たるみを引き締めるためにはきちんと筋肉を使うことが大切です。簡単に筋肉を鍛える方法として、舌を回すというエクササイズがおすすめです。口を閉じた状態で舌を回すだけですし、ちょっとした時間で手軽にできるでしょう。

毛穴のたるみを引き締めるためには生活習慣にも気を付けることもポイントです。まずは紫外線の浴び過ぎに注意しましょう。肌の老化を引き起こす原因になるため、外出の際には紫外線対策が欠かせません。ちなみに、紫外線は家の中にいても窓から入ってくるため、室内にいる時にも注意が必要です。日焼け止めクリームや帽子、日傘などで対策していきましょう。

毛穴のたるみを予防したいという場合、保湿ケアも重要です。肌はきちんと保湿された状態なら外部からの刺激に強くなります。乾燥したままだと無防備な状態になってしまうため、しっかりと保湿して肌を老化から守りましょう。

毛穴のたるみを改善するためには、食事や睡眠、運動といった生活習慣の改善も欠かせません。栄養バランスの偏った食事や睡眠不足、運動不足といった生活習慣を続けている場合、健康だけでなく肌にも影響が出てきてしまいます。肌の乾燥によってたるみが目立ちやすくなることもあるため、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。